ブログ

インプラント治療ってどんなもの?気を付けなければならないことは?

インプラント治療ってどんなもの?

インプラント

インプラント治療は、歯を失った場所に人工の歯の根っこを埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療です。歯を失った時に行う他の治療としてブリッジや入れ歯がありますが、人工の歯の根っこは埋め込みません。人工の歯の根っこを埋め込むことがインプラントの大きな特徴です。

歯の根っこを埋め込んだ後は顎の骨と結合するまで3~6ヶ月程の時間がかかります。時間はかかりますが、顎の骨と歯の根っこをしっかりと結合させることによって自分の歯とほとんど変わらない噛み心地を実現できることが良い点です。

また、インプラントの歯は他の歯の支えを必要としないため、留め具等がなく見た目が良いことも良い点です。歯を失った場所のみに治療を施すので、ブリッジのように隣の歯を削ったり、入れ歯のように留め具で隣の歯を傷める心配もありません。

しかし、安定した噛み心地を実現するために外科的手術が必要なことや、治療完了まで1年以上かかること、自費診療なので治療費が高額になることは患者さんの負担になると考えられます。

こんな人に向いている治療です

インプラント 相談

歯を失っても以前と変わらない噛み心地と見た目の両方を求める方に向いている治療です。

しかし、この2つのメリットを実現させるための外科的手術と1年以上の長期的な通院を続けられる方でないとおすすめできません。治療完了までは1年近く仮の歯で生活することになりますので、その覚悟も必要です。
メリットが大きい分、デメリットも大きいことを納得された方でないと手術後の後悔につながります。

インプラント治療の注意点!

インプラント

下記のように患者さんの口内・体の状況によってインプラント治療が行えない場合があります。

顎の骨の量が少ない

人工の歯の根っこを立てるためには、十分な量の顎の骨が必要です。

糖尿病、高血圧

傷の治癒が遅く、手術後に感染症の恐れがあるためです。また、骨をつくる細胞や機能が低下して人工の歯の根っこと顎の骨を結合できない可能性もあります。投薬等で良好な状態にコントロールできれば治療が可能な場合もあるため、一度ご相談ください。

チタンアレルギー

人工の歯の根っこはチタン製のため、アレルギーをお持ちの方は手術ができません。

  カテゴリ:診療ブログ