ブログ

ホワイトニングの種類って?どんなメリット・デメリットがあるの?

ホワイトニングの種類と治療法について

皆さんはホワイトニングについて、どれくらい知っていますか?もちろん「歯を白くする治療」であることは間違いないのですが、実は白くする方法にも種類があるのです。

ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」、そしてオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する「デュアルホワイトニング」があります。

それぞれの治療の流れや、メリット・デメリットを紹介しますので、ホワイトニングを検討されている方は、ぜひ参考になさってください。

オフィスホワイトニング

歯のホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。

個人差はありますが、一般的に1回1時間程度の施術である程度は白くなります。歯の状態や希望する白さによっても、施術にかかる時間や通院回数が異なります。

ホワイトニング前にはお口の状態をチェックして、問題がなければ治療を始めます。虫歯や歯周病の治療、歯石のクリーニングが必要であれば、まず治療やクリーニングしてからホワイトニングを行うことになります。

色が元に戻りやすいというデメリットはありますが、他の方法に比べると早く白さを実感できます。「結婚式までにホワイトニングを済ませたい」「成人式の写真撮影を控えている」など、急ぎめで治療したい方におすすめです。

ホームホワイトニング

歯のホワイトニング

自宅で行うホワイトニングです。

まず歯科医院で歯の状態をチェックし、必要であればクリーニングも行います。歯型をとって患者さん専用のマウスピースを作成し、マウスピースとホワイトニング剤(ジェル)をお渡しします。あとはお家で好きな時に、ご自身でマウスピースにジェルを流し込み歯に装着するだけです。マウスピースは、作成からお渡しまで一定期間お待ちいただくのでご注意ください。

期間は数週間から数カ月かかり、装着時間はホワイトニングで使用する薬剤の種類によって異なります。1日1~2時間の装着で良いものもありますし、寝ている間に数時間装着するものもあります。ホームホワイトニングを行っている期間は、着色しやすい飲食物の摂取をできるだけ控えましょう。

オフィスホワイトニングと比べると白さを実感するまでに時間がかかる、自己管理が必要という点はデメリットといえますが、その分、白さが長持ちする、好きな時間にホワイトニングできるというメリットがあります。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する治療法です。

それぞれのメリット(オフィスホワイトニングでは白さを早く実感できる点、ホームホワイトニングでは白さが持続する点)を得られます。デメリットは、他の方法に比べて費用が大きくなる点です。

  カテゴリ:診療ブログ