予防歯科

予防歯科

予防歯科

何事も「転ばぬ先の杖」ではないでしょうか。歯の治療もまさしくそうなのです。

ところが歯は命にかかわらないからと甘く見る傾向があります。歯が痛くなってから歯科医院に行く人が多いのです。
歯科医院は歯が痛くならないために行くところ、という考えをすれば痛い目に遭わず、経済的(お金)で時間の節約もできます。

虫歯、歯周病は治療より予防です

虫歯、歯周病は治療より予防です

虫歯や歯周病は初期段階で自覚症状がありません。
痛くなる頃には症状が重度になっており、最悪の場合は抜歯することになります。そこまで悪化していなくても、歯を削ったり、歯茎を手術することになります。治療は短期間では終了しませんので、通院時間もお金もそれなりにかかります。それに症状が悪化していますから「痛い治療」が待っています。

しかし「転ばぬ先の杖」を実践し、歯科医院で定期健診を受けて(3~6ヶ月に1回程度)、虫歯や歯周病の兆候を早めに察知し処置すれば歯を失うこともなく、痛い手術の洗礼を受けることもありません。お金と時間の一挙両得で、しかも「痛い目」に遭わずに済みます。

痛くなってから行く歯科医院と予防のために行く歯科医院、あなたはどちらを選びますか?

歯垢の除去が基本です

歯垢の除去が基本です

虫歯、歯周病ともに口の中の「常在菌」が引き起こすので、歯垢の除去がとても大切です。

歯垢の除去には日常の「歯磨き」が一番なのですが、言うは易く行うは難しで、磨いてはいるが磨けていない人がほとんどです。それは歯が想像以上に複雑な立体形状をしていて、全体を綺麗に磨くことがほぼ不可能なためです。デンタルフロスや歯間ブラシで丁寧に時間をかけた歯磨きをすれば可能ですが、これが大変難しいのです。
それを助けてくれるのが歯科医院でのPMTCです。歯科衛生士が専用の器具を使って丁寧に歯垢や歯石を除去してくれます。3ヶ月に1回程度行えば良いでしょう。定期健診の際は同時にPMTCを受けましょう。

子供にはフッ素塗布

子供にはフッ素塗布

大人の予防歯科はもちろんですが、特に子供は小さいときから歯科医院に通うことをおすすめします。乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすいからです。

定期健診ではフッ素塗布をして「強い歯」にしましょう。子供の頃から歯科医院通いに慣れておくことは歯の健康管理上とても良いことなのです。