CTスキャンでの検査

CTスキャンでの検査

CTスキャンでの検査。 最先端の技術により、精度の高い3次元画像を撮影することができより正確な治療の方向づけに役に立ちます。患者さまにとってわかりやすい画像表示により、安心と納得できる診断が可能になりました。

CTスキャンでの検査

CTスキャナーでできること

CTスキャナーとは、3次元の立体画像が撮影できる機械です。 今まで撮影したものを平面でしかみられなかったのですが、CTを使用する事により水平・垂直・斜めと見たい断面を自由に見る事ができ、口腔内の細部まで確認でき、立体的な画像診断が出来るようになりました。

インプラント治療でも、より精密な治療を可能にしました。

インプラント治療でも、より精密な治療を可能にしました。

骨の質や量、厚みが分かるのでインプラント治療では事前にCT検査が行えるというのはより精密な治療を可能にしました。 3Dシュミレーションシステムを使用し、インプラントの位置や角度を確認しご説明して治療が行えるのでトータル的な時間も短縮できます。

現在歯科用CTを導入している医院は少なく撮影するとなると外部へ依頼しなくてはなりません。そうなると撮影の予約待ちと、結果が出るまでに時間が掛かります。 当院では院内にCTを設置することによって迅速に治療が行えるのです。

体にも優しい歯科用CTスキャン

大学病院で使用している医科用CTスキャンは被爆線量も大変多いのですが、歯科用CTスキャンは低被爆線量で高性能ながコーンビーム方式(円錐状のXビーム)でスキャンを行いますので、 短時間でゆがみの少ない綺麗な画像を撮影する事ができます。安心で安全な治療を行う為には正確な検査と的確な診断が必要です。

体にも優しい歯科用CTスキャン

歯科用CT
円錐状のビームが回転しますので撮影される面が多いので1度の撮影で済む。

体にも優しい歯科用CTスキャン

医科用CT
面が少ないので位置を変えて何度も撮影しなければならない。

CTスキャン画像を解析し、より安全で確実な治療が可能に

CTスキャン画像を解析し、より安全で確実な治療が可能に

3次元CTスキャン画像解析・インプラント術前シミュレーションソフトは、 CTスキャンした画像を元に、3D画像を作成し、顎の骨の状態(薄い・細いなど)や骨密度などを調べることができます。 増骨が必要な場合はその量も事前に確認することができ、インプラント治療を行う為には欠かせないものです。

コンピューターの画面上でインプラントの埋入シミュレーションが行えるので、患者さまへの負担が軽くなり、インフォームドコンセントにおける理解度も大幅に上がり、 リアルな画像による治療計画が行え、より安全で確実な治療が可能になりました。