インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、歯を失ってしまった歯肉の部分に、歯槽骨との親和性に優れたチタン製の小さな人工歯根[=インプラント]を埋め込んで強固な土台を築き、この上にセラミックなどの人工の歯を装着する『最も合理的に歯を再生できる治療方法』です。

インプラントの機能性と信頼性

インプラントの機能性と信頼性

上部に装着する歯は、歯槽骨と結合したインプラントと、硬質合金のアバットメントによって、しっかりと固定されます。 したがって、歯科インプラントは、“見た目の美しさだけでなく、本来の自分の歯と同じ感覚で、力強く噛む”ことができます。

この上部の歯は、セラミックの他、硬質プラスチックや貴金属など、ご予算に応じて素材を選択でき、接合後も取り替えが可能です。

インプラント本体についても、38年前に当医院で治療を受けられた患者さんが、今もなお、何のトラブルもなくご愛用されていますので耐久性等特に心配ありません。

腐蝕や欠損がほとんど起こらない純チタンを素材とするインプラントは、金属アレルギーの方でも安心して、半永久的にご利用いただけます。 なかでも、ITIインプラントは、世界各国で最も信頼されているブランドのひとつで、日本では当医院が初めて治療を行い、20年以上の実績があります。

歯槽骨(しそうこつ)とは?

歯槽骨(しそうこつ)とは?

すべての歯は、歯肉の下の歯槽骨によって支えられています。そして、インプラントも同様に、歯槽骨と強固に結合し、歯と同じ役割を果たします。 したがって、インプラントの治療では、歯槽骨の状態がとても重要で、当医院では、高解像度のデジタルレントゲンを使用し、歯槽骨の密度や量を正確に解析しています。 また、歯槽骨が足りない患者さんの場合に は、骨を増やす治療も行っています。

>>デジタルレントゲン・CTスキャンでの検査の詳細

インプラントの治療にあたって

インプラントの治療は、骨の発育がほぼ完了する16才以上の方であれば、どなたでも行えます。年齢に上限はありません。ただし、以下の方は治療を受けることができません。

重い歯周病の方

重い歯周病の方

全身疾患のある方

全身疾患のある方

ヘビースモーカー

ヘビースモーカー

妊娠7ヶ月目2降

妊娠7ヶ月目2降

重度の歯周病の方は、お口の中の衛生状態が悪い場合が多く、そのままではインプラントを入れることができません。歯周病を治療し、正しい歯磨きを習慣づけてからインプラントの治療を行います1

インプラントの手術について

インプラントの手術は、無痛状態のなか、早ければ15分程度の短い時間で完了します。
入院の必要はありません。
同時に当医院では、手術後の痛みや歯肉の腫れを防止するために、[コラーゲンを濃縮したテルプラグ]を活用するなど、最先端の歯科再生治療を実現しています。