ブログ

インプラントと入れ歯、どっちが自分に合っている?

歯を失ったとき、インプラントと入れ歯とどちらが自分に合っているのだろうと疑問に思われたことはありませんか?

インプラントと入れ歯の選び方についてお話ししたいと思います。

インプラント、入れ歯とは?

インプラント

インプラント、入れ歯は歯を失った際の治療法です。

昔は、歯を失ったら入れ歯の選択肢しかありませんでしたが、インプラント治療という新しい選択肢が増え、どちらにするかを悩む人も増えています。

入れ歯とは

入れ歯は、歯を失った部分の歯と歯肉の機能・形態を補う、取り外しできる人工の装置です。

歯を全部失った場合には総入れ歯、部分的に歯を失った場合には部分入れ歯を作製します。

総入れ歯は人工の歯と粘膜の上にのせる義歯床からできており、部分入れ歯には人工の歯、義歯床に加えて、残っている歯にかけるためのばねが付いています。

インプラント治療とは

インプラント治療とは歯を失った部分の顎の骨に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をつけ、失った歯を補う治療です。

それぞれの特徴、特徴から導かれるメリットとデメリット

メリットとデメリット

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯は義歯床がプラスチック製のものであれば保険適用となるので、比較的低料金で治療することができます。

また、取り外しができ、修理や調整なども行いやすく、全身状態や口の中の状態に幅広く対応できるメリットがあります。

ただし、保険適応で作製できるプラスチック素材の入れ歯はぶ厚く、口に入れたときに違和感を生じやすくなります。

ほかにも、ずれる、発音しにくい、手入れが面倒などや、部分入れ歯はバネをかける歯に負担がかかるといったデメリットもあります。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療は顎の骨にインプラントを埋め込むので自然に近いかみ心地が得られ、見た目も自然できれいです。

しかし、自費診療となるため費用は高額であり、手術が必要となるため、糖尿病などの全身疾患や歯周病の方は行えません。

メンテナンスも非常に大切で、毎日自宅での丁寧な歯磨きと定期的に歯科まで健診に通える方でないと長く使うことが難しくなります。

入れ歯とインプラントの選び方のポイント

ポイント

患者さんによって入れ歯とインプラントのどちらが合うかは異なります。

入れ歯は比較的どのような方でも適応できますが、インプラント治療は適応条件があるため、「全身と口の状態が良くない」、「費用は安く押さえたい」、「メンテナンスの継続に自信がない」方には入れ歯をおすすめします。

入れ歯も自費であれば違和感が少ない素材やバネがないものも作成できます。

全身・口ともに健康な状態であり、毎日の歯磨きや歯科への通院も可能で、費用はかかってもよいから自然なかみ心地と見た目を重視するという方はインプラントをおすすめします。

お口や全身の状態、費用面、生活スタイルとご希望に沿って入れ歯とインプラントのどちらが合っているかのご相談に応じますので、ぜひ一度、当院までカウンセリングにいらしてみませんか。

  カテゴリ:診療ブログ