ブログ

歯のクリーニングって何をするの?ホワイトニングとの違いは?

歯のクリーニングとは

歯のクリーニングは、歯科医師・歯科衛生士のみが行うことのできる歯のお掃除です。専用器具を使って歯の表面・歯と歯との間・歯周ポケットに潜む歯垢・歯石・着色汚れをすみずみまで落とします。

ホワイトニングとの違い

クリーニングとホワイトニングの違いは、目的・用いる道具・保険です。

クリーニングの目的は、歯垢・歯石・着色汚れを取り除いて口内環境を健康的な状態に整えることです。着色汚れを取り除く部分はホワイトニングと似ていますが、クリーニングの場合は着色を取り除くだけで本来の歯の色より白くなることはありません。

用いる道具は、スケーラー(先端が針状の形をした歯石を除去する専用器具)などの専用器具です。専用器具を用いて機械的に歯垢・歯石・着色を取り除きます。歯周病などの治療目的の場合は保険適用になります。予防や美容目的の場合は保険適用外です。

ホワイトニングの目的は、歯を白くすることで見た目を美しくすることです。薬剤を使用することで本来の歯の色より白くすることができます。

用いる道具は、ホワイトニング剤です。ホワイトニング剤は着色汚れを薄くし、歯の表面の構造を変え乱反射しやすい状態をつくり出すことで歯を化学的に白くします。
保険適用外なので全額自己負担となります。

歯のクリーニングを行うメリット

自分で落とすことができない歯石を落とす

歯垢を2~3日放置すると歯石になります。歯石になってしまうと、ご自分での歯磨きでは落とすことができません。

歯石は歯周病や虫歯・口臭の原因ですので、歯石を落とすことで口内を健康的な状態に保つことができます。

着色汚れを落とし、歯本来の輝きを取り戻す

見た目ではそこまで歯の黄ばみが気にならなくても、歯には意外と日々の着色汚れが蓄積しています。ホワイトニング程白くはなりませんが、歯本来の健康的な白さ・輝きを取り戻すことができます。

  カテゴリ:診療ブログ