歯ぎしり予防

歯ぎしり予防

歯ぎしりとは?

歯ぎしりとは?

歯ぎしりとは、上下の歯を擦り合わせて噛みしめる動作のことを意味します。

歯ぎしりには、ギリギリという音が出る「グラインディング」、強く噛みしめ音が出ない「クレンチング」、歯を打ち鳴らす「タッピング」の3種類があります。また、歯ぎしりは睡眠中だけでなく昼間にも起こることを知っておきましょう。

歯ぎしりが起こるとどうなる?

歯ぎしりが起こるとどうなる?

特に気になるのは睡眠中の歯ぎしりです。静かな空間で起こり、周りに音が響きます。しかも睡眠中に歯ぎしりをしていることは自分で気付かないため、知らぬ間に同室で就寝する人に迷惑を掛けている場合があります。

歯ぎしりをする際は上下の歯を強い力で擦り合わせるため、歯が削れたり割れたりする原因にもなります。また、インプラントの失敗や腰痛や肩こりにつながる可能性があります。顎のまわりの筋肉が発達してエラが張ったようになるため、小顔になりたい女性にはその点も気になるところです。
さらに、周りへの気遣いから宿泊を伴う旅行に行きにくくなるなどの弊害もあります。

歯ぎしりの原因と治療方法

歯ぎしりの原因と治療方法

歯ぎしりが起こる原因としてストレスの溜めこみが挙げられます。
また、昼間に感じた強いストレスが就寝中に歯ぎしりになって表れるともいわれています。そのため、ストレスを抱え込みやすいタイプの人は適度な気分転換をすると良いでしょう。

歯ぎしりの原因として、噛み合わせの悪さも注目されています。歯並びが悪い人はもちろん、歯の治療中の人は噛み合わせが悪くなっています。そのため、噛み合わせが悪い部分を削って矯正することや、治療途中で止めた歯を歯科医院できちんと治すことが大切です。

あまり関係ないように思われがちですが、過剰な飲酒・喫煙も歯ぎしりにつながるため、それらの摂取を控えるようにしましょう。

このように、歯ぎしりの原因には様々な可能性が考えられます。必要に応じて歯科医院で相談し、きちんと原因を知った上で適切な対応をしましょう。