ブログ

ブログ

歯周病予防の基本!早く身につけたい歯磨き術

35歳以上の日本人の約80%以上が歯周病にかかっているといわれています。歯周病は、日本人が歯を失う最大の原因でもあります。
初期は痛みなどの自覚がないので、知らず知らずに進行してしまうのが歯周病の怖いところです。
ですが、歯周病は、しっかりと正しいケアを行えば、90%は予防が可能ともいわれています。
正しい歯磨きの方法を身につけて、すぐにでも歯周病予防を始めましょう。

歯磨き粉に含まれる「フッ素」が歯周病予防に効果的

日本人の歯磨き回数についての調査報告によると、「1日2回以上磨く」という人は、昭和44年では約2割に満たない数でした。
しかし平成17年には約7割に増加しています。
それなのに「虫歯がある」という人の割合も大幅に減少していなければおかしいですが、実際のところは成人のうち特に25歳以上において、横ばいとなっています。それには理由があります。

それは、今ではほとんどの歯磨き粉に含まれる「フッ素」です。
フッ素は、土・水・草・木など身の回りの自然物や植物、人間の身体にも含まれていて、歯や骨を丈夫にする効果のある有益元素です。
1990年代半ばまでは、日本では海外に比べて歯磨き粉に含まれるフッ素の含有量が、非常に低かったのです。
これが、虫歯が減らなかった原因といわれています。

つまり、正しい歯磨きの方法として、まずは「フッ素濃度の高い歯磨き粉を使用すること」が、第一のポイントです。
といっても、日本ではフッ素の含有量の上限は法律で決められていますので、「歯磨き粉を使用する量」が決め手となります。
2㎝程度の歯ブラシの場合は、ブラシの約3分の2にかかる程度がオススメです。重さは1g以上使用するといいでしょう。

プラーク(歯垢)の除去が歯周病予防のポイント

歯周病予防にオススメの歯の磨き方を紹介します。
歯周病の原因は、プラークです。プラークを除去することが一番大切な予防法となります。
そのため、歯肉に対し、45度になるように角度を保ち歯ブラシを当てます。
歯と歯茎の間の溝「歯周ポケット」に毛先が入るようにして磨きます。

歯茎に直接毛先が当たってしまうので、歯ブラシは、できるだけ柔らかく毛先が細いものを選ぶとよいでしょう。
鉛筆を持つような要領で軽く握り、細かく振動させながら、虫歯になりやすい奥歯から順番に磨いていきます。
気をつけたいのは、歯磨き粉に含まれるフッ素を薄めないことです。
そのため、歯ブラシの前に口をゆすぐのはやめてください。

最初は歯磨き粉をつけずゆっくり磨き、最後の2分回で歯磨き粉をつけ、仕上げとして全体を磨きます。
歯磨き粉をつけたブラッシングのあとは、おちょこ程度の少量の水で口をゆすぎます。
そうすると、フッ素がリンスのように歯の表面に付着します。
フッ素の効果を長く保つためには、歯磨きのあと約2時間、飲食は避けるとよいでしょう。

1日1回はデンタルフロスや歯間ブラシでのケアを

歯ブラシを使って歯の表面や裏面を磨いても、歯と歯の間にあるプラークは取り除きにくいものです。
そのため、1日1回は、デンタルフロスや歯間ブラシを使用して磨くようにしましょう。

抜けた歯をブリッジで補っている部分など、ブリッジと歯と歯茎の間が磨き切れていないことが多くなります。
通常の歯ブラシでは掃除しにくい部分になりますので、歯間ブラシの使用がオススメです。
歯間ブラシは、サイズが豊富に揃っていますので、自分にあったものを選びましょう。
大きすぎる歯間ブラシを無理に入れて磨くと、歯茎を傷つけてしまうことがあるので、気をつけてください。

まとめ

正しい歯磨き術を身につければ、歯周病は予防できるのです。
フッ素入りの歯磨き粉をはじめ、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助器具を駆使して、しっかり正しい歯磨きを行うようにしましょう。

 カテゴリ:診療ブログ

お花を頂きました

八丈島から来院されているA様より、ストレチアというお花を頂きました!

院内が南国のように明るい雰囲気になり、他の来院された患者様も喜ばれているようです!
いつもお気遣い頂きありがとうございます。

お花を頂きました

 カテゴリ:ブログ

年末年始の冬季休診のお知らせ

誠に勝手ながら、2018年12月27日(木)から2019年1月3日(木)まで冬季休診させて頂きます。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

 カテゴリ:お知らせ

最先端のエアーフロス、おすすめランキング!

エアーフロスは、通常のデンタルフロスのように直接歯を擦って歯垢を除去するのではなく、空気圧と水の力で歯面に付着した歯垢を除去するというもの。
機械のため価格はそれなりにしますが、通常のデンタルフロスが通しにくい部分の清掃を行うことができます。また、高齢者の方への使用が特に有効だという専門家の意見が寄せられています。
ここでは最新のエアーフロスベスト3を紹介していきましょう。

1位 ソニッケアー エアーフロス HX8234

こちらの製品は、フィリップス社から販売されているエアーフロスです。圧縮空気を噴射して、歯間洗浄するタイプの製品です。水の他に「リステリン」といったマウスウォッシュと併用することもできます。見えない口内の歯間に当てやすいようにガイドチップが付いているため、比較的スムーズに歯間洗浄ができるのが魅力です。噴射する圧も歯茎に影響を与えないものであることが確かめられているので、安心して使用できますね。
また、ノズルは交換可能、本体は防水加工がされています。湿気が多い所やお風呂場などで使用しても大丈夫。使用感もとても好評で「気持ちいい。エアーフロスをすることが楽しい習慣になる」という声も多く聞きます。
販売価格はオープン価格となっており、Amazonでは1万円前後で購入可能です。新しい歯磨き体験ができると評判にもなった本製品。糸ようじやデンタルフロスが使いづらいという人はぜひとも試してみてください。

2位 ソニッケアー エアーフロス HX8230

1位の製品と同じメーカーであるフィリップス社から販売されているエアーフロスです。商品の型番のみが異なり、こちらの方が旧式タイプになります。
168gという軽量タイプで、持ちやすいデザインとなっているのが特徴です。リチウムイオン電池で稼働し、1日1回の使用で約2週間稼働できます。長期の旅行の際にも便利で、海外の電源でも使用することが可能です(国や地域によっては、変換プラグを使用しなければならない場合もあります)。

製造元の検証データによれば、通常の歯磨きと組み合わせることで、歯磨きのみの場合と比べて66%も歯垢除去率がアップするようです。
1位の製品との決定的な違いは価格。こちらの製品はAmazonで16000円程と、やや高い値段で販売されています。それでも使い心地が良いと評判で、長く愛用しているファンがたくさんいるのもこの製品の特長です。

3位 エアーフロス HX8210

同じくフィリップス社からの製品で、こちらは1位2位のものより旧式のタイプになります。この製品は、直接歯や歯茎に当たってもダメージならないように設計されており、安心して使用することができます。価格は2位の製品より高価で、Amazonでは約26000円で販売されているようです。

1位から3位までの製品に共通している機能としては、1回当たりの射出で使用する水の量は、ティースプーンわずか1杯分。それを時速70Kmで噴射することで歯面にこびりついた歯垢を除去する仕組みなのです。紹介した製品以外にもランキングを見渡してみると、ほとんどがフィリップス社製。商品を比較・検討したい場合は、会社のHPから検索してみるのも良いでしょう。また、一般的なデンタルフロスと比べても、エアーフロスの方が使いやすいと答える人が多いようです。特に奥歯に対しては、従来のケアに比べて格段に効率が高く、手間もかからずにきれいに磨けると高評価を得ています。

まとめ

虫歯予防・歯周病予防のため、ぜひ取り入れたいエアーフロス。色々な種類の商品が出ていますので、じっくり検討し、自分に合った1本を見つけてみてください。

 カテゴリ:診療ブログ

11月の診療時間の変更のお知らせ

下記の日程の診療時間を変更いたします。
11月23日(金・祝) 10時~13時 14時30分~19時(最終受付18時30分)
11月24日(土) 10時~12時 (最終受付11時30分)

その他は通常通りです。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

 カテゴリ:お知らせ

何にきくの?CMで見るエアーフロス効果と使用法

テレビCMでよく見かける「エアーフロス」。
電動歯ブラシでもデンタルフロスでもないオーラルケア製品です。

「何にきくの?」「どうやって使うの?」「効果はあるの?」といった疑問を持っている人も少なくないでしょう。
「エアーフロス」とは、電動によるジェット噴射で歯間洗浄を行う器具のこと。

ここでは、「エアーフロス」について、詳しく紹介します。

「エアーフロス」の特長について

歯間洗浄が簡単にできることが「エアーフロス」の特長です。
手で磨くブラッシングだけでは、歯の間に詰まった歯垢や食べカスを完全に取り除くことはできません。ジェット噴射により、約99.9%の歯間の歯垢を除去することが可能です。

「エアーフロス」を提供しているメーカーにもよりますが、最新型のものならワンプッシュ、約60秒のジェット噴射で手軽に歯と歯の間の掃除をすることができます。デンタルフロスや歯間ブラシを使うより、時短で手間も少ないので、続けやすいことが魅力です。
「エアーフロス」による空気と水のジェット噴射は、歯茎や歯のエナメル質などを傷つけることなく、優しくケアしてくれます。また、歯茎の健康促進にも効果的。メーカーや製品にもよりますが、約2週間で実感が得られます。

なぜ必要?歯間ケアの重要性について

一般的に、虫歯や歯周病を発症する原因は、ブラッシングが十分にできない歯と歯の間に溜まった汚れがほとんどです。ブラッシングが上手くできていないと、約2日で歯間の汚れの50%が歯垢のもとになってしまいます。除去しきれなかった食べカスが溜まり、炎症が起き、歯周病を発症するのです。歯と歯の間のケアが、オーラルケアの肝といっても過言はないでしょう。

そのため、自分の歯の形にあった歯ブラシなどの器具を選び、ケアを行うことが大切です。とはいえ、歯の形や歯並びは一人ひとり異なります。なかなか、自分にぴったりの歯ブラシや器具を見つけることは難しいでしょう。そのため、歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間などの部分は、フロスや糸ようじを使って磨くようにしなければなりません。

また、加齢により歯茎は下がり、だんだんと腔内環境は変化します。自分に合うケアの方法も、年齢に合わせて見直す必要がでてきます。30代になり、歯茎が下がりはじめ、そこに食べカスが溜まるようになったという人がいます。糸ようじなどの補助清掃機具を用いて掃除をするようにしていたのですが、誤って歯茎を摩擦しすぎて炎症を起こしてしまうことも…。自分にあったケアを見つけることは、本当に難しいものだということがわかりますね。

簡単!「エアーフロス」による歯間ケア

人により、年齢により異なる口内環境において、現在の自分にあった歯間ケアの方法を見つけることは、今まで難しいこととされてきました。しかし、「エアーフロス」を使えば、歯間ケアが驚くほど簡単にできるようになります。

メーカーや製品にもよりますが、一般的な「エアーフロス」の使い方は次の通りです。
製品に水を入れ、電源ボタンを押し、歯と歯の間に噴射します。この3段階で、歯間ケアが完了です。ワンプッシュでOKなので、すべての歯間ケアが、約1分で終了します。

デンタルフロスよりも断然時間が短縮できますし、手間も大幅に軽減できます。フロスや歯間ブラシを使うのが苦手な人にもオススメです。小さなショットガンを思わせる、おもしろい器具なので、おもちゃ好きな人や楽しく歯間ケアを行いたい人にも最適です。プレゼントなどにもいいですね。

 カテゴリ:診療ブログ

10月の診療時間の変更のお知らせ

下記の日程の診療時間を変更いたします。
10月9日(火) 10時~13時 14時~17時(最終受付16時30分)
10月10日(水) 14時30分~19時(最終受付18時30分)
10月15日(月) 14時30分~19時(最終受付18時30分)
10月16日(火) 10時~13時 17時~19時(最終受付18時30分)

その他は通常通りです。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

 カテゴリ:お知らせ

デンタルフロスで血が出た…その理由と解決策

ドラッグストアなどに立ち寄ると、歯ブラシコーナーの近くで、さまざまな歯間ケアグッズが並んでいます。

中でもデンタルフロスは、歯と歯の間にあるプラークを除去してくれるもので、実は予防歯科が普及している欧米では、当然のように行われているのです。

そんなデンタルフロスですが、使い始めてみたものの、使うたびに出血すると歯ぐきが心配になりますよね。
今回は、そんなデンタルフロスでの出血について解説していきます

デンタルフロスを使ったことがありますか?

デンタルフロスは、シルクや合成繊維などの繊維を使ってできた、歯間を掃除するための糸です。
食べかすや歯に詰まった食べ物の繊維などを取り除くためにも用いられますが、一般的には歯と歯の間にこびりついている、歯ブラシでは取れないプラークを除去するためのものです。

使い方は簡単なようで、意外とコツが必要。デンタルフロスがかろうじて入る歯間であれば、掃除はしやすいのですが、歯並びによってはピッタリと歯がくっついているところもあります。
そんな場所を、力任せにぐっと通そうとしてしまうと、歯ぐきを傷つけてしまう可能性があるのです。

力加減を調節しながら、歯に対して垂直にゆっくり動かすといいでしょう。また、歯の状態によっては、歯間ブラシなども併用すると良いですね。

デンタルフロスを使ったら出血!これ、大丈夫!?

力任せに通したわけではないのに、デンタルフロスに血が付いてしまった、歯ぐきから出血してしまった、なんてことはありませんか?驚かれるかもしれませんが、デンタルフロスを始めて間もない頃で、特に痛みがなければ問題ありません。

この出血は、これまでの歯みがきでは除去しきれなかったプラークが原因で起こったもの。そのプラークのせいで歯周ポケットにバイ菌が溜まり、炎症を起こして歯ぐきが腫れ、血が溜まるのです。

そんな状態の歯ぐきにデンタルフロスが当たったことで、溜まっていた血が吐き出された、というわけです。デンタルフロスを行うと、歯ぐきに良い刺激を与え、溜まった悪い血をどんどん排出することができるのです。

デンタルフロスで出血した場合の解決策!

溜まっていた悪い血を排出するわけですから、解決策は、毎日きちんとデンタルフロスを行うことです。

毎日行うことで炎症もおさまっていき、出血も次第になくなっていきますので、血が出たからと言って、すぐにデンタルフロスをやめてはいけません。

ただ、2週間、3週間と続けても出血する場合は要注意。単純に、デンタルフロスの使い方を間違えているだけという場合もありますが、溜まっていた悪い血ではなく歯周病である可能性も考えられます。
この場合は、一度クリニックに行って、診察してもらうことが先決です。

デンタルフロスを使いこなして、目指せ!むし歯ゼロ!

ホルダータイプとロールタイプ

デンタルフロスには、大きく分けて2種類の形があります。ひとつは、1本のデンタルフロスを糸巻き状に巻いてあるロールタイプで、もうひとつは2cmほどのデンタルフロスに持ち手が付いたホルダータイプ。デンタルフロスを使ったことがない人は、ホルダータイプの方が使いやすいので、まずはホルダータイプから挑戦してみるといいでしょう。

デンタルフロスの上手な使い方

デンタルフロスを行うのは、歯ブラシでのブラッシングの後に行うのがおすすめ。歯ブラシできれいにみがけていると思っていても、意外と歯と歯の間に押し込まれていることもあるのです。
また、時間的なタイミングとしては、寝ている時に口の中の雑菌が繁殖しやすいので、寝る前の歯みがきの時がベストです。

ロールタイプのデンタルフロスは、40cmほど、だいたい指からひじほどの長さで切り、両方の中指に巻き付けて使用します。
親指と人差し指でデンタルフロスをピンと張りながらゆっくり動かすのがポイントです。

デンタルフロスは使い捨て

一度使ったデンタルフロスは廃棄しましょう。デンタルフロスは、1本の糸ではなく、細い糸をよって1本にしたものですので、使用後は、そのよったデンタルフロスにプラークが絡みついているのです。
衛生的にも、使い捨てにすることをおすすめします。

まとめ

デンタルフロスは、歯みがきだけでは除去しきれないプラークを取り除いてくれます。きちんと使用することで、むし歯や歯周病を防ぐこともできますので、ぜひ取り組んでみてください。

 カテゴリ:診療ブログ

正解はこれ!正しいデンタルフロスの使い方

お口の中のお手入れでは歯ブラシだけでは不十分ということが徐々に広まりつつあります。歯ブラシとともにお口のお手入れに使うとよいのはデンタルフロスです。

しかし、デンタルフロスの使い方がよくわからず、手が出ない人も多いのではないでしょうか。そこで、糸巻きタイプ(ロールタイプともいう)とホルダータイプの2種類のデンタルフロスそれぞれについて、使い方をご紹介していきます。正しい使い方をマスターしましょう。

糸巻きタイプ(ロールタイプ)の使い方

まずは、デンタルフロスを出して30~40cmほどで切ります。厳密に測らなくても指先から肘までの長さぐらいで切ればよいでしょう。
基本は両手の間が15cmぐらいとなるようにしてそれぞれの中指にフロスを巻き付けるように持ちます。そしてそれぞれの手はフロスを人差し指と親指でつまむようにしてピンと張ります。

両手の人差し指と親指でつまんだフロスをゆっくりと前後、左右に動かしながら歯と歯の間に入れていきます。
力加減を調節しながらゆっくりと行うことがポイントです。慣れないうちは鏡を見ながら行うとよいでしょう。
力を入れてグッと歯と歯の間に入れてしまうと歯茎にフロスがあたって傷つけてしまうことがあるので、注意します。

フロスを歯の側面に沿わせ、汚れをこすり取るようにして上下に数回動かします。その後フロスをゆっくりと左右に動かし歯と歯の間から抜き取り、フロスの使った場所をずらして次の歯と歯の間の掃除を行います。

もしも引っかかってうまくフロスが取れない場合は、片方の手から巻き付けたフロスを外して抜き取ってください。力任せに無理やり引っ張って取らないようにします。

このようにしてすべての歯と歯の間にフロスを入れて汚れを取り除いていきます。

持ち手つきのホルダータイプの使い方

ホルダータイプのデンタルフロスは持ち手がついていますし、長さなどを気にして切る必要もありません。使い方も簡単なので、より初心者向きといえます。すぐに始めましょう。

鏡で見ながら歯と歯の間に糸の部分を当て、ゆっくりと前後、左右に動かしながら歯茎の方に向かって差し込んでいきます。
ロールタイプと同様、力を入れすぎないようにゆっくりと動かしながら行うようにしてください。

歯の側面にフロスの糸の部分をこするようにして上下に動かしながら汚れを取ります。数回上下させたらフロスを差し込んだ時と逆の要領でゆっくりと左右に動かしながら歯と歯の間からフロスを取り出します。
焦ると詰め物に引っかかったり、力が入りすぎたりするので、ゆっくりと行ってください。

このようにしてすべての歯と歯の間の汚れを取っていきます。

フロスを使う時や頻度、注意点など

デンタルフロスの使い方はわかりましたが、いつどれくらいの頻度で行ったらよいのでしょうか。

歯垢は約24時間で固まり始め、時間がたつほど汚れは落ちにくくなります。歯垢が2~3日放置されると歯石となってしまうため、歯石になる前に汚れを取り除かなければなりません。
それには1日に1度、ブラッシングの後にデンタルフロスを使って歯と歯の間の汚れをきれいにするといいですね。

特に夜寝ている時に虫歯菌の活動が活発になるので、夜寝る前に毎日行うよう習慣にするとよいでしょう。しかし、歯磨きのたびに行う必要はありません。気にするあまり、やり過ぎになると、知らず知らずのうちに歯や歯茎を傷つけてしまうこともあります。

また、デンタルフロスを使うたびに歯茎から出血する場合、痛みがあるなら力が入りすぎている可能性があります。使い方を見直してみてください。
歯茎に炎症があると痛みがなくても出血することがありますが、その場合はデンタルフロスを使いながら様子を見ていきます。
汚れがなくなれば歯茎の炎症はおさまっていくことがほとんどです。

注意したいのはフロスが引っかかったり、切れてしまう場合です。フロスが引っかかるというのは歯と歯の間に虫歯がある場合や詰め物やかぶせ物が合っていないことが考えられます。いつも同じところで引っかかる、ということがあれば早めに歯科医に相談した方がよいでしょう。

まとめ

デンタルフロスを使うことで歯と歯の汚れをよりきれいにすることができます。しかも虫歯の早期発見にもつながりますので、1日1回夜寝る前にデンタルフロスを使うことを習慣化できるといいですね。

 カテゴリ:診療ブログ

9月の診療時間の変更のお知らせ

下記の日程の診療時間を変更いたします。
9月1日(土)13時~18時(最終受付17時30分)その他は通常通りです。
ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

 カテゴリ:お知らせ